運賃や乗車環境について

8〜9時間台で移動可能

バス

大阪と東京を結ぶ夜行バスは、大手バス会社・ツアーバス会社等が参入している競合路線であり、数多くの運賃設定とバス車両が存在しています。大阪駅〜東京駅といった路線以外にも、大型テーマパーク発着・新宿経由・京都経由が存在するので乗車する際に手間が省けます。大阪と東京間の夜行バスは高速道路をメインに走行し、途中のサービスエリアで2回前後休憩を取るケースが一般的ですので、トイレなし車両に乗っても安心です。大阪〜東京の夜行バスの所要時間は8時間台・9時間台が多く、飛行機・新幹線の始発より早く着けるスケジュールとなっており、8時台開始の仕事や会議にも間に合う事が出来ます。このように、旅行や遊び以外にも仮眠をして朝食を取ってから仕事に行けるメリットもあるので、最近ではビジネス客も多く乗っています。この夜行バス路線の運賃相場は最安値は2千円台からの設定があり、乗車定員が少ないタイプになると1万円を超えるタイプが存在します。高めの運賃設定のバスはプライベート空間が就寝中に確保されている独立シートであり、左右を気にせずに寝られるので快適に仮眠が取れるでしょう。なお、4列シートを利用する際に女性の一人乗車は不安に感じる事がありますが、予約時に隣席に女性客となる配慮をしているので安心して乗る事が出来ます。なお、夜行バスは4列シートであってもリクライニングシート・ブランケットが設置されている事が多く、格安でも問題なく快適に過ごせます。

どのお店でもほぼ同じ

舞妓

他の地域ではあまり見られない、京都旅行ならではの楽しみ方として、舞妓体験というものがあります。簡単なコスプレのようなものではなく、上質な着物と本格的なメイクで、本物の舞妓に近い恰好をすることが可能です。京都では、舞妓体験コースがあるフォトスタジオや、花魁や男性用プランもある舞妓体験処が各地にあり、賑わいを見せています。たくさんお店がありすぎて、どこに頼めばいいのか却って迷うかもしれません。着物にこだわりたい人は、公式サイトやブログで新着の着物を公開してくれるお店で確認しましょう。舞妓体験プランの内容や料金などは各店舗で異なっていますが、舞妓体験をする時の一連の流れや持ち物の準備については、基本的に共通しています。持ち物は、舞妓体験を終えた後に使う化粧道具だけで充分です。洗顔フォームや基礎化粧品、ドライヤーなどはお店に備え付けのものがあります。コンタクトはハードレンズを利用している人は、化粧時に外さなくてはいけないので、コンタクトケースが必須です。受付でプランの確認を済ませた後で、化粧を落とします。この時浴衣などに着替えることになります。化粧は花街の舞妓さん達と同じものを使っているお店が多いです。本物の舞妓さんの化粧を見て研究を怠らないお店だと、満足度の高い仕上がりになるでしょう。プランにあった着物を選んだ後は、髪を結いあげることになります。基本は半かつらですが、全かつらも選択可能です。

楽しい旅行にするために

バスツアー

今、関東旅行で大人気なのが日帰りバスツアーです。日帰りバスツアーでしかできない経験ができると老若男女問わず利用する人が増えています。関東の日帰りバスツアーにはどれを選ぼうか迷ってしまうほど色々なコースが用意されています。日帰りですので、何日か連続で色々なバスツアーを楽しむという人も多いです。関東の日帰りバスツアーを利用するメリットはたくさんあります。まずは、格安で食べ放題等色々な経験ができる事です。通常価格よりもかなりお得な価格で旅行をする事ができます。今まで高くて行けなかった場所も、日帰りバスツアーを利用する事で行けたという嬉しい声はよく聞かれます。また、バスガイドがいるのも日帰りバスツアーの特徴です。バスガイドは、各観光地を知り尽くしています。バスガイドの解説を聞くのも醍醐味です。色々な観光名所についてより深く知る事ができます。自分で運転をしなくてもいいですし、重い荷物を持って移動しなくてもいいのも関東の日帰りバスツアーの嬉しいところです。荷物を持つ必要が無いので、各地でお土産を思い切り買う事ができて嬉しいという方はとても多いです。関東の日帰りバスツアーにはテーマを絞っているものも多いです。食べ放題や景色を楽しむツアー、観光名所を楽しむ物等季節によって色々なものが常にあります。一日じっくり楽しむコースもありますし、短時間で楽しみたい方のためのコースもあります。自分に合ったものを選んで、関東を満喫しましょう。