国内旅行について

上手に予約するポイント

ベッド

舞浜には、多くのホテルがあります。舞浜には人気のレジャー施設があり、一年を通して多くの観光客が訪れるためです。そのため、舞浜のホテルに宿泊を希望する場合にはできるだけ早い段階で予約を取っておくことが必要になります。人気があるホテル程、予約を取るのが難しくなってしまうのです。特にレジャー施設の中にあるホテルの場合、通常のホテルに比べてかなり早い時期に予約をしておかなければすぐに満室になる可能性があります。舞浜のホテルは、夏休みや年末年始の連休など多くの人が利用する時期になると料金が高くなります。そのため、旅行を計画する際には行く時期に合わせてホテルの料金をチェックしておくことが大事です。料金比較サイトなどを活用することで、よりリーズナブルな価格でホテルの予約を行うことができます。また、舞浜内であってもレジャー施設から少し離れた場所にあるホテルであれば比較的予約が取りやすく料金も抑えられる傾向にあります。少しでも旅行費用を節約したいという場合は、こういったホテルを利用することで手頃な料金で宿泊することが可能です。駅の近くに宿泊するようにすれば、レジャー施設まで電車一本で行くことができてとても便利です。旅行会社の中には、レジャー施設の入場券と宿泊をセットにしたツアーを用意している所もあります。事前に予約をする手間が省けるだけでなく、セット料金で費用が割安になるなど特典も満載です。手軽に舞浜で遊びたいという人向けのサービスです。

まわりかたはいろいろ

お遍路参り

お遍路は太古の昔から日本に根付いた風習です。一番有名なお遍路は四国八十八か所ですが、実は日本には四国以外にも全国に八十八か所をめぐるお遍路が存在します。一般的にお遍路ツアーといえば四国八十八か所をまわるものです。四国巡礼はその昔弘法大師がめぐった足跡をたどり、健康祈願や大願成就・開運祈願・縁結び・さらには自分探しなど、巡るその人その人の想いと共に発展してきました。近年では老若男女問わず、外国人観光客もお遍路ツアーで四国を訪れ人気が高まっています。お遍路ツアーでは1番から88番までの各札所をまわり、納経帳に記入・朱印してもらいます。まず最初に身支度をはじめます。白衣や袈裟などの衣装や杖などの道具は一式セットで売られています。自分に必要なものを購入し揃えることで十分です。お遍路ツアーにとって一番良いとされているのは歩き遍路と言われています。しかしながらすべての行程を徒歩は非常につらく、特に年配者などでは難しいためお遍路ツアーに入り、バスや観光タクシーを利用して回るのは今は一般的です。バスやタクシーを使っても88か所すべて回る為には最低でも2週間ほど必要とされています。そのため、88か所を2つに分けたり、4つに分けてその県ごとに回るツアーなどもあります。1番から順番に回ることを順打ちと呼び、88番から回ることを逆打ちといいます。どちらからまわっても、弘法大師と共にまわるという意味に変わりなく、ご自身の出発地や都合・体力に合わせてまわることができます。

快適且つお得に乗車可能

バス

夜行バスは全国各地に路線網を広げていますが、その中でも大阪と東京を結ぶ路線は数多くの業者が参入しているので運賃・車両タイプは様々存在します。大阪と東京間の夜行バスの仕組みは、22時台に出発すると6時台に到着するようにダイヤが組まれており、8時間〜10時間が一般的な所要時間と言えます。大阪発の便は、京都府内に停車するタイプ・通過して東京まで停まらないタイプ等に分かれていて、トイレの有無に関わらず2〜3時間おきにサービスエリアで休憩を取ります。運賃は、平日に利用する場合では最も安い場合で2千円台(4列シート)からの設定もあり、独立3列シートやプレミアムタイプになると1万円を超える事もあります。格安タイプの車両は、定員が50人弱・高級タイプになると30人弱が一般的であり、女性の一人利用の場合は安心出来るように隣に女性が乗る配慮をする業者も多いです。独立3列シートやプレミアムタイプは、高速道路走行時にカーテンを閉め切って過ごす事が出来るので、他の乗客から寝相を見られる事なく楽なスタイルで仮眠が出来ます。大阪と東京を結ぶ夜行バスは、インターネットで予約・決済をするとお得な運賃になっている事が多く、クレジットカードを持っている場合はネット決済をすると良いでしょう。夜行バスは事前購入をする事によって割引率アップを行う便がほとんどなので、1ヶ月前や1週間前に購入しておくと正規運賃よりも1割〜2割程度割安になります。